ECサイトの存在をより多くのユーザーに知ってもらうためには、「アフィリエイト広告」を活用しましょう。
アフィリエイターに情報発信してもらえば、より集客しやすくなるでしょう。
今回は、ECサイトを広める時に活用したい「アフィリエイト広告」についてお伝えします。

ECサイト運営に欠かせないアフィリエイト広告

ECサイトや商品に興味関心を持つユーザーを集めるためには、さまざまな方法があります。
「広告を出す」、「SNSへ投稿する」等、すでに多くの手段を試したことのある方もいらっしゃるでしょう。
そんな中でも、「アフィリエイト広告」は通常の広告とは少し勝手が異なるものです。
上手に活用すれば、ECサイトをより多くのユーザーに広めることができます。
アフィリエイト広告とは、「アフィリエイター」と呼ばれる情報発信者にECサイトを紹介してもらい、
それに対して、「ユーザーから反応が得られれば報酬を支払う」といった形の広告です。
アフィリエイターは、個人のウェブサイト・ブログ・メールマガジン・SNSといった情報発信のための媒体を持っています。
したがって、有力なアフィリエイターに紹介してもらえるかどうかが、アフィリエイト広告で狙った成果を得るためのカギとなります。

アフィリエイト広告と一般的な広告はどう違うのか

アフィリエイト広告と一般的な広告の違いとしては、まず報酬が発生する条件が挙げられます。
一般的な広告では、広告を掲載した時点で報酬が発生します。
それに対してアフィリエイト広告では、広告主であるECサイト運営者が報酬発生の条件を決められます。

たとえば、ユーザーが商品を購入したり、資料請求をしたり、こういった成果が得られた時点で報酬を発生させることもできるのです。
それから、アフィリエイト広告の価格は広告主が設定できます。
ECサイト運営者が自ら条件を設定できるのも、アフィリエイト広告のメリットと言えるでしょう。
ただし、アフィリエイト広告が掲載される時期については、アフィリエイターに委ねられています。
アフィリエイターに都合の良いタイミングで紹介してもらうという形になるため、
一般的な広告のように指定できないのはあらかじめ理解しておきたい部分です。

アフィリエイターを確保するには

一見すると、広告主であるECサイト運営者にとって有利に見えるアフィリエイト広告ですが、ユーザーからの反応をより集めるためには、
有力なアフィリエイターを確保しなければなりません。アフィリエイターを確保する方法はいくつかあります。
ひとつは、ウェブサイト・ブログ・SNSアカウントの運営者にコンタクトを取り、直接依頼をする方法です。
ECサイトの商品に興味関心を持ちそうなユーザーが集まる媒体を持つアフィリエイターに依頼すれば、多くの反応を期待できます。
他にも、APS(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と言って、
アフィリエイターと広告主が集まるサービスを利用する方法があります。
数多くのアフィリエイターが広告主を探しているため、サービスに登録すればアフィリエイター探しには困りません。

直接インセンティブと間接インセンティブ

アフィリエイト広告はインセンティブの付与方法によって2つに分類できます。

「直接インセンティブ」のアフィリエイト広告

「成果を発生させた人」と「アフィリエイト報酬を受け取る人」が同じである。

「間接インセンティブ」のアフィリエイト広告

「成果を発生させた人」と「アフィリエイト報酬を受け取る人」が異なる。

例)ポイントサイトに広告掲載を依頼した場合
ポイントサイトとは、広告をクリックしたり、広告主の商品バナーをクリックしてからその商品を購入すると、
(現金などに交換できる)ポイントが受け取れる会員サイトのことです。
広告主は、アフィリエイトASPを通じてポイントサイトに広告掲載を依頼することができます。


(※出典:http://dmlab.jp/web/new_web/web150516_1.html)

アフィリエイト広告で成果を上げるために考えておきたいこと

アフィリエイト広告は一般的な広告と異なり、アフィリエイターとの関係性次第で成果を上げられるようになります。
そんなアフィリエイト広告を上手に活用するためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

有力アフィリエイター確保のための報酬設定

アフィリエイト広告では、ECサイト運営者が報酬の条件を決めることができます。
しかし、だからといって広告主に都合の良いような条件を設定すると、有力アフィリエイターを確保することができません。
有力アフィリエイターには、数多くのECサイトから好条件で声がかかっています。
そんな中で自社のECサイトに興味を持ってもらうためには、アフィリエイターにとって都合の良い条件を設定しなければならないのです。
アフィリエイト広告を上手に活用するのであれば、ある程度の予算を用意しておく必要もあるでしょう。

商品の情報を十分に提供しておこう

アフィリエイト広告では、アフィリエイターに商品の情報を十分に提供しておきましょう。
なぜなら、アフィリエイターが発信した商品の情報によって、ユーザーの興味関心を集めることになるからです。
アフィリエイターは自社のECサイトや商品について、自分の媒体で反応を集めやすいように紹介します。
そのため、商品の魅力や他社の商品との違いなど商品にまつわる情報を十分に提供しておくことで、ユーザーにとって、より一層魅力を感じる紹介ができるようになります。

アフィリエイターとの関係を良好に

アフィリエイト広告は、紹介してくれるアフィリエイターがあってこそ成り立つものです。
単にECサイト運営者にとって都合の良い条件では、アフィリエイターは動いてくれません。
アフィリエイターと広告主は協力関係にあるという認識のもと、お互いにとってメリットのある条件を考えていきましょう。
アフィリエイターとの関係を良好に保つのも、アフィリエイト広告を上手に活用するためのポイントです。


今回は、ECサイト運営に欠かせないアフィリエイト広告についてお伝えしました。
アフィリエイト広告を上手に活用するためには、自社ECサイトや商品を紹介してくれるアフィリエイターの力が欠かせません。
条件の良い報酬で有力アフィリエイターを確保し、ECサイトをより多くのユーザーへ広めましょう。