Web接客ツールとは?

Web接客Web接客ツールとは?最近、ECサイト(ネットショップ)では、「Web接客ツール」というマーケティングツールの導入が進んでいます。

これまでも、多くのECサイトが広告などで集客してきましたが、コストをかけて集客しても、来訪者のほとんどが何も購入せずにサイトを離脱していました。そこで、集客コストを売上に結び付ける手段として、手軽に導入できるWeb接客ツールが注目されるようになりました。

ECサイト見ていると、会員登録用のバナーやおすすめ商品が表示されることがあります。これは「Web接客ツール」が、過去に閲覧したサイト内のページや、買い物履歴などのデータを分析して、個々のユーザーに効果的な情報を表示しているのです。実店舗では、販売員が顧客の好みや要求にあった商品を勧めますが、ECサイトで販売員さながらの接客をしてくれるのが、「Web接客ツール」です。

Web接客ツールのメリット

顧客の離脱を防げる

顧客の離脱を防げるユーザーがブラウザを閉じようとした際にポップアップを表示し、購入を迷っているユーザーのみにクーポンを配布するといった、離脱防止機能を備えた「Web接客ツール」もあります。
また、商品について疑問があっても直接質問ができないといった理由で、ユーザーがサイトから離脱してしまうこともあります。この問題は、コミュニケーション機能を持つWeb接客ツールの導入により、「リアルタイムで顧客の質問に答えることが可能」となりで、離脱を防ぐことにつながります。

導入が簡単

導入が簡単ほとんどのWeb接客ツールは、既存のECサイトにタグ(HTML)を埋め込むだけで、簡単に導入できます。新しくサイトを作り直すといった負担はかかりません。

顧客の疑問や要望が顕在化される

顧客の疑問や要望が顕在化されるコミュニケーション機能を持つWeb接客ツールを導入すれば、顧客とのやりとりから、これまで企業が知り得なかった顧客の疑問や要望がストレートに伝わってくるので、新商品の開発やWebサイトの改善に活かすことができます。

導入側の人的リソースが削減できる

導入側の人的リソースが削減できるオフィスにいながら別の作業と平行して接客を行うことができるので、少ない人数で効率的な営業活動が可能になります。


代表的なWeb接客ツール

ecコンシェル

ecコンシェルNTTドコモが提供する自動Web接客ツールで、同社がPKSHA Technology社と共同開発したAI(人工知能)を搭載。来訪者があると、サイト内での購買履歴や過去の閲覧ページなどから嗜好や求める商品を予想して、効果的な情報を配信します。配信するクリエイティブも、自動的に最適化されるなど、ほとんど全ての作業をAIが自動で行ってくれるため、面倒な設定は不要です。
そのほか、過去に同一商品を購入した別の顧客のデータを分析して、購入時と同様のアクションを起こし、特定商品のページを何度も訪問している顧客に、その商品のキャンペーン情報を配信するなど、AIの判断でCVR改善のための多様なアクションが自動で行われます。「ecコンシェル」は国内で唯一、無料プランが設定されています。

「ecコンシェル」の詳細はこちら

KARTE(カルテ)

KARTE(カルテ)プレイド社が提供する、多機能Web接客ツール。リアルタイムのアクセス解析が特に優れており、来訪者を瞬時に解析してクーポンを発行し、ポップアップメッセージを表示するといった接客が可能です。複雑なセグメントを作成できることも特徴ですが、さまざまなテンプレートが用意されています。また、顧客とのコミュニケーション手段が充実していて、チャット機能、LINEでのメッセージ送信、ブラウザポップアップ通知などが可能です。

「KARTE(カルテ)」の詳細はこちら

FLIPDESK(フリップデスク)

FLIPDESK(フリップデスク)Socket社が提供する、多機能Web接客ツール。スマートフォンEC向け販促プラットフォームとしてスタートし、現在はマルチデバイス対応のプラットフォームにサービスの範囲を拡大しています。
顧客の訪問ルートやサイト内での行動をもとにセグメント化して、それぞれに合った接客を行います。接客アクションとしては、クーポン、バナー表示、ダイレクトメッセージなどが用意されています。顧客とのコミュニケーションは、ポップアップとチャット接客が可能です。

「FLIPDESK(フリップデスク)」の詳細はこちら

各社Web接客ツールの比較表


Web接客ツール比較(LIG.incが作成・掲載した図を、LIG.incより転載)LIG.inc https://liginc.co.jp/308761

「Web接客ツール」とは、「どのようなものなのか試してみたい」「どのようなものかよくわからないが、とりあえず使ってみたい」と思っているのなら、まずは導入も利用も簡単な「ecコンシェル」がおすすめです。日本国内のサービスでは唯一無料プランが用意されているのも導入しやすいポイントです。

「ecコンシェル」の詳細はこちら