ECサイトを運営するにあたって、どうしても避けて通れないのが売り上げ管理です。入金を確認し、販売データを管理および分析する
――意外にもやるべきことの多いこの業務を、どのように効率化していけばいいのでしょうか?
今回は、サイトを運用するにあたって必要な売り上げ管理についてご紹介します。

売上管理の基本

ECサイトの売り上げ管理の基本についてご紹介します。
サイトの大切な売上を確実に管理していくために、ぜひ参考にしてみてください。

入金確認

入金確認とは、商品を購入したユーザーが入金したかどうか確認することです。
サイトでの決済方法によって、入金確認の方法も異なります。入金管理を確実にしておかなければ、ユーザーから料金を回収できない、あるいはユーザーが入金したにもかかわらず発送をできなかったなどのトラブルが発生するおそれがあります。
ECサイトの決済方法にはさまざまな種類がありますが、どのように入金管理ができるか、どの時点で入金が確認できるかといった観点から決済方法を選択するという方法もあるでしょう。信頼できるサイトを作り上げるためにも、着実に入金管理をする必要があります。

銀行振込の場合

銀行振込の場合、入金確認では振込履歴と購入履歴を照合することになります。
ただし、こちらの確認方法では、注文の名義と振込の名義が異なる場合に、確認が困難になるおそれがあります。たとえば、未成年者が家族名義の口座から振込入金をしたケースなどが、その一例です。
こういった管理の煩雑さを改善するなら、入金確認を自動で行うサービスを利用してもいいでしょう。誰でも利用できる確実な決済方法ですから、スムーズに入金確認できるような対策を考えておきたいですね。

クレジットカード決済の場合

クレジットカード決済の場合、商品を発送する前に入金が確認できるという安心感があります。また、ユーザーにとっても、カード番号を入力するだけですみやかに決済ができるというメリットがあります。
双方にとって利点のある決済方法ですが、クレジットカード決済を利用するためには、カード会社の審査を受ける必要があります。

代金引換の場合

代金引換の場合、宅配業者に料金を回収してもらえるため、代金を回収できないリスクを解消できます。
ユーザーが支払いのために外出する必要がなく、かつ商品が届いてから支払いをできる安心感があります。自宅にいる時間の多いユーザーにとっては、大きなメリットを感じられる決済方法と言えるでしょう。代金引換をするためには、宅配業者との契約が必要です。

販売情報管理

販売情報管理とは、ユーザーに商品を販売した際の情報を管理することです。発送のために必要となる請求書を作成し、出荷の指示出しを行います。
商品を間違いなくユーザーの手元へ届けるとともに、情報に誤りがないように手配しましょう。なるべくミスのないようにこなしたい業務です。煩雑なために管理が難しくなってきたら、自動化などの工夫をしましょう。

情報管理

ECサイトの売上について、売上額およびその推移、販売個数、利益を始めとしたデータにして管理します。どの商品に人気があるのか、時間帯や季節によって売上がどのように変動するかなど、今後の売上アップにつながる情報を手に入れることが可能です。
管理した売上のデータを分析するとともに、活用していきましょう。

売上管理を効率化する方法

ECサイトの売り上げ管理をより効率的にする方法についてご紹介します。スムーズな運営をすることで、より利益を期待できるようになります。

売上管理をアウトソーシングする

売り上げ管理の業務をアウトソーシングすることで、効率化を目指します。
とはいえ、すべての業務を外注する必要はありません。たとえば、請求と入金確認のみをアウトソーシングするなど、自社サイトの管理に必要な部分だけを専門の業者に依頼しましょう。
このような業務の効率化によってコスト削減ができると、その分の利益を利用してさらなる売り上げアップのための投資が可能となります。

売上管理のためのソフトを利用する

売り上げを管理するための便利なソフトを利用して、運営の効率化を目指します。
細かな情報管理の手間が省ける上に、管理された情報を有効活用できるのもメリットです。たとえば、注文が入るとともにその情報を登録し、納品書を出力するという機能があれば、手動での作業よりもミスが少なくなります。また、このように登録された情報を分析すれば、顧客の傾向に合わせたマーケティングもしやすくなるでしょう。

まとめ

今回は、ECサイト運営で避けて通れない売り上げ管理についてご紹介しました。
こちらの業務は、ユーザーの手元へ商品を届けるにあたり、欠かせない業務のひとつです。効率を高めることは、利益をより大きくすることにもつながります。
どうしても業務が煩雑になってしまう場合には、アウトソーシングや管理ソフトを利用して効率化を目指しましょう。