ECサイトのカテゴリー分けが適切になされていると、ユーザーにとって使い勝手が良くなります。
また、適切なカテゴリー分けは、SEO対策のためにも欠かせません。
今回は、ECサイト運営に欠かせないカテゴリー分けについてお伝えします。

適切なカテゴリー分けがECサイトの質を高める

ECサイトのカテゴリー分けとは、サイト内の情報を適切に分類することです。
大カテゴリー・中カテゴリー・小カテゴリーと順番に並べて、分かりやすく分類していきましょう。
カテゴリー分けをすることで、どのページにどのような情報があるのかを、ECサイトに訪れた方が誰でも想像しやすくなります。

ECサイトのカテゴリー分けとは

カテゴリー分けが適切になされていないサイトは、ユーザーにとって非常に使い勝手が悪いサイトになってしまいます。
たとえば、“靴”という商品を探しているユーザーがECサイトを訪れた時、
トップページに“スカート”“ブラウス”“鞄”といったすべての商品が混沌と並べられていたらどうでしょうか。

ユーザーはお目当ての“靴”を見つける前にブラウザを閉じて、サイトを見るのをやめてしまうかもしれません。
これを防ぐためには、まずトップページに《ファッション》という大カテゴリーを作成します。

次に、その下へ“靴”“スカート”“ブラウス”“鞄”といった中カテゴリーを作成します。
さらに、“靴”というカテゴリーの下に「赤い靴」「青い靴」「黄色い靴」という小カテゴリーを作成します。
このように並べることで、ユーザーがトップページを訪れた際に「《ファッション》というカテゴリーの中に、
自分の探している“靴”があるかもしれない」と容易に想像できるようになります。

どうしてECサイトのカテゴリー分けがSEOに影響するのか?

ECサイトを適切にカテゴリー分けするメリットは、ユーザーにとっての使い勝手の良さだけではありません。
適切なカテゴリー分けは、SEO対策のためにも欠かせないものなのです。
検索エンジンは、情報が適切に分類されているサイトをより高く評価する傾向にあります。
したがって、検索エンジンから訪れる人を増やしたい時にも、適切なカテゴリー分けが欠かせないのです。
ユーザーを意識して使いやすいサイトを目指すことは、自ずとSEO対策にもつながります。

誰にでも分かりやすいカテゴリー分けをするために

ECサイトを訪れたどんなユーザーにも分かりやすくカテゴリー分けをするには、
どのようなポイントに気をつければいいのかをご紹介します。

どうか、ユーザー目線で操作してみてください。
検索エンジンから訪れたユーザーは、必ずしもトップページから訪れるとは限りません。
たとえば、“靴”のページから訪れたユーザーでも、迷わずに買い物できるような導線となっているでしょうか? 
どのページから訪れても買い物ができるような構造を心がけましょう。

ユーザーのニーズをとらえた分類にすること

ECサイトのカテゴリーは誰にでも分かりやすく、かつユーザーのニーズをとらえたものにしましょう。
たとえば、「赤い靴」「赤いスカート」「青いブラウス」「青い鞄」という商品を、
“赤”“青”というカテゴリーで分類したらどうでしょうか。たしかに分類としては間違っていないのですが、
靴というファッションアイテムを探しているユーザーにとって、“赤”“青”という分類ではどこに何があるのか分かりません。
ECサイトのユーザーのニーズをとらえた、分かりやすい分類を心がけましょう。

誰にとっても見やすいメニューにすること

ECサイトの適切なカテゴリー分けと同時に大切なのは、メニューの見やすさです。
ECサイトのメニューは、ユーザーが瞬時にサイトの構造を理解できるような形式が好ましいでしょう。
メニューとは、言わばカテゴリー分けを目に見える形にしたものに他なりません。
適切なカテゴリー分けができたら、それを表現するためのメニューのデザインについても考慮しましょう。

ECサイトのカテゴリー分けの例

それでは、実際に多くのECサイトで使われているカテゴリー分けの例を見てみましょう。
まずは、商品の「種類」によるカテゴリー分けです。こちらはもっとも基本的な分類方法と言えるでしょう。
ブランド品を扱うECサイトであれば、「ブランド」によってカテゴリー分けをする方法もあります。
また、ドレス専門店のように商品の種類が同じでかつ色のレパートリーが多いのであれば、
「色」によるカテゴリー分けも考えられます。自社のECサイトにもっとも適した分類方法を選びましょう。


今回は、ECサイトのカテゴリー分けについてお伝えしました。
ECサイトのカテゴリー分けは、ユーザーにとっての使いやすさだけでなく、SEO対策にも関わる重要なポイントです。
ユーザーが、ストレスなく買い物ができるサイト作りを心掛け、
集客アップのためにも、運営しているECサイトのカテゴリー分けを見直してみましょう。